道路交通法改正により、妨害運転に対する罰則等が創設され、6月30日から施行されました。

他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行った場合、最大で懲役3年の刑に処せられるほか、著しい交通の危険を生じさせた場合、最大で懲役5年の刑に処せられるとともに、妨害運転をした者は運転免許の取消処分の対象となります。また、このような悪質・危険な運転により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられ得ることがあります。

・もしも妨害運転を受けるなどした場合、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく110番通報してください。

ドライブレコーダーは、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効であり、自身や同乗者の身を守ることにつながります。

・道路を利用される皆さん一人ひとりが交通ルールやマナーをしっかりと守り、思いやり・ゆずり合いの心で運転しましょう!!

                                               (山口県警察HPより抜粋)